くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ。

本日のお題 - 「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ。」

・あれっくす的難易度: ★★☆☆☆
・英会話での実用度: ★★★★★

 

本日のお題はドラマ、「おくさまは18歳」から!

 

「おくさまは18歳」といえば、1970年にTBS系列で放映されていた、岡崎友紀さん、石立鉄男さん等と出演していた国民的ラブコメドラマ。

 

平均視聴率はナント25%以上!!

 

大人気だったんですね。

 

ちなみに、私はまだ生まれてません・・・

 

そんな人気ドラマのセリフですが、今日も翻訳サイト君にお願いしてみよう。

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

…mortifying ..mortifying…. ..very mortifying somehow..

 

ん? なんだか テンテン(…) が多いような?

 

でも、まぁ、間違ってはいないが・・・(汗)

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

今回のポイントは、ずばり、「くやしい」をどうするかだ。

 

私は実際にこのドラマを見た事がないので、どのような場面で使われるセリフなのかがイマイチわからないが、「frustrating」という単語を使ってみよう。

 

「くやしい」という意味ももちろんあるのだが、「イライラする」という意味もあり、ちょっと怒りながら「くやしい」感じがある。

 

「きぃー、くやしい!」 なんて時に合いそうだ。

 

次の部分もちょっと考えてみます。

 

「なんだか」  どうするか?

 

「なんだか」自体は、「kind of」等と言えるが、この場面で使うのは不自然。

 

そこで、ここでは「just」を入れてみたい。

 

直訳すると、「とにかく」っとなるのだが、より自然なセリフになるので、これでいこう。

 

最後の部分、「とってもくやしいわ」

 

前の部分で「frustrating」と使っているので、「it’s so frustrating.」 にしてみよう。

 

もし今日のセリフを、「私は」ではじめた場合には、「I’m frustrated , I’m frustrated, I’m just so frustrated.」となる。

 

また、「frustrating」も、「frustrated 」も、「悔しい」という意味なのだが、「イライラ」や、「不満」という意味合いの方が多いので覚えておこう。

 

っという事で、本日のお題

 

「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ。」

 

を英語にしてみると、

 

It’s frustrating, it’s frustrating, it’s just so frustrating.

 

っとなる。

 


スポンサーリンク
「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ。」の英訳はこうやって使おう!

家の玄関の前に着いて、かばんの中に入れたはずの家の鍵を探していたが、どーーーーしても見つからず、

 

「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ。」

 

っと言おうとしたが、

 

この悔しさを表現をするには英語で言わないと!

 

なんて思った時に使おう!


スポンサーリンク