学生の頃は、社会に出るのが怖かった。でも今は社会から出るのが怖い。

本日のお題 - 「学生の頃は、社会に出るのが怖かった。でも今は社会から出るのが怖い。」

・あれっくす的難易度: ★★★☆☆
・英会話での実用度: ★★☆☆☆

 

「愛という名のもとに」といえば、1992年にフジテレビ系列で放映されていた、大人気ドラマ!

私ももちろん毎週かかさずに見てました。

 

ではでは、本日も翻訳サイト君にお願いしてみよう。


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

When it was a student, it was scared to go out to the society. However, it is scared to go out of the society now.

 

うんうん、単語はいい感じで合わせてきてますね。

 

繋げかたは相変わらず笑わせてくれますが・・・

あれっくすも英訳にチャレンジ!

出だしの「学生の頃」

これは、もちろん 「When I was a student」っとしても間違いではないのだが、

ここは、「Back in college」 っという表現を使ってみたい。

 

直訳すると、「大学生の頃」っとなるが、「愛という名のもとに」を知っていれば、当然「学生の頃」 = 「大学生の頃」という事がわかるので、これでいってみたい。

 

今回一番ひっかかるのが、「社会」という単語。
これまた、「society」で正しいのだが、このセリフで考えるとなんだかしっくりこない。

 

「society」っと言われると、どうしても社会全般の事を思い浮かべてしまう。

 

しかし、チョロ(本日のセリフを言った人物)の言う「社会」とは、「会社」等で働いている「社会」を指しているように私は思う。
(ちょっと日本語が変で申し訳ない・・・)

 

そうなると、「world of work」っという言い方がある。

 

「働く世界」っとなるのだが、ようは「会社」等で働いている「社会」みたいな感じである。

 

さらに、「怖かった」。 これも「scared」でもいいのだが、今回は「terrified」を使いたい。

 

そこで、最初の部分 「学生の頃は、社会に出るのが怖かった。」を、Back in college, I was terrified of entering the world of work.

 

として、

 

次の部分 「でも今は社会から出るのが怖い。」は、

But now I’m terrified of getting out of it.

 

にしてみたい。

 

そうなると、本日のお題
「学生の頃は、社会に出るのが怖かった。でも今は社会から出るのが怖い。」

を英語にしてみると、

 

Back in college, I was terrified of entering the world of work.
But now I’m terrified of getting out of it.

 

っとなる。


スポンサーリンク

 

「学生の頃は、社会に出るのが怖かった。でも今は社会から出るのが怖い。」の英訳はこうやって使おう!

あなたがもし、「チョロ」というあだ名で、バーで働いているJJという女性に惹かれ、プロポーズをしようとしたら実は騙されている事を知り、

 

さらに会社のお金を使い込んでしまった事が上司にバレ、嫌味を言われてついキレてしまい、気づいたらその上司が血まみれになっていて逃げ出してしまい、大学の同窓生である仲間内の女の子に電話をして、

 

「学生の頃は、社会に出るのが~」っと言おうとしたが、ナゼか英語で話し掛けられてきた時に英語で、

 

Back in college, I was terrified of entering the world of work.
But now I’m terrified of getting out of it.

 

と言えるように覚えておこう!


スポンサーリンク