おとこおんなのトミコ!

本日のお題 - 「おとこおんなのトミコ!」

・あれっくす的難易度: ★★☆☆☆
・英会話での実用度: ★★★☆☆

 

本日のお題は1979年からTBS系列で放送された刑事ドラマ 「噂の刑事トミーとマツ」からのセリフ。

 

懐かしいですねー。 私も好きで見ていました。

 

松崎しげる扮する先輩刑事”マツ”がピンチの時に、新米お坊ちゃま刑事”トミー”に決めゼリフ 「おとこおんなのトミコ!」 っていうといきなり強くなるんですよね。

 

今思えばあれも変身モノだったのだろうか?

 

ではでは、今日も某翻訳サイト君のお世話になろう。

 

早速翻訳してもらうと・・・・

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

A man woman’s TOMIKO! 

 

うんうん、予想通りそのまま来たな!

 

ありがとう、翻訳サイト君。(笑)

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

もちろん翻訳サイト君の翻訳、コレはコレで正しいといえば正しい。

 

しかし、マツが発する ”おとこおんな” は、トミーがナヨナヨした、女々しい態度をしているから言われてしまう。

 

そうなると、”女々しい”っという単語を探る必要がある。

 

”feminine ”っという単語もあるのだが、今回のセリフは悪口に近い。

 

なので、”sissy”っという単語が一番合うかと思う。

 

ちなみに、これはあまりキレイな言葉ではないので、日常会話ではあまり使わない方がいいだろう。

 

アメリカの子供が、相手が怖がっていたり、ビビッていたりすると、良く口にする。”You sissy”っと。(You chicken とも言う)

 

なので、本日の決め台詞「おとこおんなのトミコ!」 を英語にすると・・・・

 

Tomiko you sissy!

 

っとなる。

 


スポンサーリンク
「おとこおんなのトミコ!」の英訳はこうやって使おう!

あなたの周りにもし、

 

ちょっとナヨっとしたトミーというあだ名の同僚の刑事がいて、

 

ピンチになった時にトミーを怒らせて

 

「おとこおんなのトミコ!」

 

っと言おうとしたが、

 

事件が起きるのは日本だけとは限らないのでたまには英語で言っちゃおうかな。

 

なんて時の為に覚えておこう!

 

Tomiko you sissy!

 

でも、友達とかに使うと単なるイジメなのでやめよう。

 


スポンサーリンク