日本じゃあ二番目だ!

本日のお題 - 「日本じゃあ二番目だ!」

・あれっくす的難易度: ★☆☆☆☆
・英会話での実用度: ★★★☆☆

 


快傑ズバット

 

本日のお題は「快傑ズバット」から!

 

「快傑ズバット」といえば、「仮面ライダー」、「秘密戦隊ゴレンジャー」などの大ヒット作品の後、1977年に登場した特撮モノ!

 

リクエストを頂いた当初、「快傑ズバット」って何? とか思っていたのだが、
DVDのパッケージを見て驚いた!み、みた事ある!!

 

白いギターを持って、さすらっちゃう奴!!

 

しかし、1977年といえば私はまだ5歳。 しかも、アメリカにいたはず。

なんで見た事あるんだろう・・・

 

確かに幼少の頃から両親に連れられ、何度か日本に短期滞在はした事があったのだが、多分その頃にでも見たのだろう。

 

超合金も持ってた気がする。

 

そこで、本日のお題。

 

テレビで見たのは覚えているが、どういう場面でこのセリフを言うのかは、さっぱり覚えていないが、今日も某翻訳サイト君にお願いしよう。

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

Japan, it is the second.

 

そうそう、「日本、それは2番」。

 

ってオイ!

 

誰も日本の順位を聞いているわけじゃないし!

 

「世界で2番目に睡眠時間が短い国、どーこだ?」

 

なんて質問の時であれば

 

「日本、それは2番」

 

でもよさそうだが、今回はまったく違うので一旦忘れてほしい。(日本は睡眠時間が世界で2番目に短いらしい。)

 

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

察するに、翻訳サイト君は「日本じゃあ」 の部分が難しかったのではないかと思う。

 

ここは、「Here in Japan ~」 にしてみよう。

 

直訳すると、「ここ、日本では~」になるが、意味するところは同じ。

 

次に、「2番目」。  これは素直にいけば「second」 なのだが、

 

会話で使うならば、「in second place」の方が自然かと思う。

 

これまた直訳すると「2位」 なのだが、もちろん意味的には同じ。

 

そうなると、本日のお題 「日本じゃあ二番目だ!」 を英語にすると、

 

Here in Japan, you’re in second place!

 

っとなる。

 


スポンサーリンク
「日本じゃあ二番目だ!」の英訳はこうやって使おう!

あなたの周りにもし、

 

「俺は日本一の~」 なんて言っちゃってる人がいて、

 

いやいや、そうじゃないでしょ、日本一は俺なんだから

 

君は、「日本じゃあ二番目だ!」なんて言おうと思ったが、

 

英語で言った方がかっちょよくない?

 

なんて思った時の為に覚えておこう!

 

Here in Japan, you’re in second place!

 


スポンサーリンク