あ~~~、めんどくせぇぇぇぇ。

本日のお題 - 「あ~~~、めんどくせぇぇぇぇ。」

・あれっくす的難易度: ★★☆☆☆
・英会話での実用度: ★★★★★

 

本日のお題はあの人気ドラマIWGPこと、「池袋ウエストゲートパーク」の名ゼリフ(?)から!

 

「池袋ウエストゲートパーク」 と言えば、2000年4月からTBSで放映されていた人気ドラマ。私も大好きで、毎回みていました。

 

毎回ストーリーのタイトルも笑えましたね!

 

「しいたけの回」とか、「ゴリラの回」だとか。「洋七の回」なんていうのもなかったでしたっけ?

 

長瀬智也演ずる、真島誠の名ゼリフ! っというよりも、口癖を翻訳サイト君はどのように料理してくれるのでしょうか?

 

翻訳サイト君、よろしく!

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

? and encounter

 

へ?

 

な、なんだコレは???

 

ハテナって何よ?

 

んんん、かなり今回は難解な答えを出してきましたね。

 

「encounter」とは、「遭遇・接触・衝突・出くわす」なんていう意味を持つのだが、なぜこれが?

 

「あ~~~、」は、波線が入ってしまったから、「?」なのだろうか・・・

 

そうすると、「encounter」は、「めんどくせぇぇぇぇ」に隠されている?

 

んんん、わからない。 是非みなさんも考えてみてくださいね。

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

今回の一番のポイントは、「めんどくせぇぇぇぇ」なのだが、「面倒臭い」にあたる言い回しはいくつかある。

 

「What a pain」や、「It’s a pain」等。

 

しかし、これだと普通に「面倒臭い」っと言っているだけである。

 

どうせなら、少しでも 「ぇぇぇぇ」を表現してみたい。

 

そこで使ってみたいのが、

「What a pain in the neck」 っという表現。

 

これを使う事により、マコトの面倒臭い度合いが少しでも伝わるかと思う。

 

さらにいうと、一番使いたい表現が別にある。

 

あまりキレイな言葉ではないのでここには書かないが、

「Neck」の部分を「A」で始まる、「おしり」という意味の単語に替えて頂きたい。

(良い子も読んでいるので、ここでは記載を自粛)

 

次に、「あ~~~、」 だが、これは、「Oh,」なんていうのが思い浮かぶ。

 

では? 「Oh, what a pain in the neck」にすべきか?

 

意味としては合うのだが、口の悪いマコトが「Oh, what a pain in the neck」 などというだろうか?

 

ここにぴったりな単語がある。

 

それは、「God」。

 

ご存知の通り「神」なのだが、驚きの表現でも使われるし、「も~~~!」なんて使い方もするので、「あ~~~」 でもイケる。

 

しかし、「God」をこのように使うのは、実はあまりよろしくない事なのである。

 

なので、敬謙なクリスチャンであれば、「God」ではなく、代用として「Gosh」っという言い方をするので、覚えておいて頂きたい。

 

という事で、本日のお題

 

「あ~~~、めんどくせぇぇぇぇ」

 

を英語にしてみると、

 

God, what a pain in the neck.

 

っとなる。

 


スポンサーリンク
「あ~~~、めんどくせぇぇぇぇ」の英訳はこうやって使おう!

あなたがもし、「フルーツ真島」のところの息子で、

カラーギャングやら、殺人鬼やら、多重人格者やら、色々な人がまわりにいて、

どいつもこいつも自分になにかと色々頼んできて、面倒だなぁ~ なんて思う気持ちを英語で叫びたくなった時の為に覚えておこう!

God, what a pain in the neck.


スポンサーリンク