お前(おめー・てめー)のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

本日のお題 - 「お前(おめー・てめー)のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!」

・あれっくす的難易度: ★★★★★
・英会話での実用度: ★★★★☆

 

「あばれはっちゃく」といえば、1979年から1985年まで、

 

「俺はあばれはっちゃく」 「男あばれはっちゃく」 「熱血あばれはっちゃく」「痛快あばれはっちゃく」 「逆転あばれはっちゃく」などがテレビ朝日で放映されていたシリーズものの名作ドラマ。

 

そのドラマで出てくるのが今回のお父ちゃんの名ゼリフ。

 

っという事で、今日のお題を某翻訳サイト君にかけてみよう。

 

かなり長いセリフなので多いに期待できそうだ。

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

It is father, and it is miserable, it sheds tears, goes out, and for your fool addition and subtraction.

 

う~ん、もはや芸術! 繋がりとしてはありえないが、ひたすら直訳しようとした涙ぐましい努力には拍手をしたい!

 

要所要所の単語で見ていくと、

 

「father」 → 父ちゃん  「miserable」 → 惨め・哀れ  「sheds tears」 → 涙を流す

っと、ここまではかなりマトモ。

 

しかし、 「addition」 → 付け足す・追加  「subtraction」 → 引き算

 

ここは何故これが出てきたのかは、さっぱりわからん・・・

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

さて、「お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!」を英語にしてみよう。

 

まずは 「お前のバカさ加減」 これは、 「Your foolishness」 でいこう。

 

次に「とうちゃん」 これは色々と言い方があるだろうが、なるべく近づける為に、「Poppa」 を使いたい。

 

また、「情けなくて涙出てくらぁ!」は、「makes ~ so sad, I’m gonna shed tears」っとしたい。

 

ここの「情けなくて」は色々な単語が使えるのが、「情けない=悲しい」という事で sad を使ってみたい。

 

コレをすべてつなげると、

 

Your foolishness makes Poppa so sad , I’m gonna shed tears!

 

直訳してしまうと若干違ってきてしまうが、意味としてはかなり近いものに仕上がった。

 

っと思う。

 


スポンサーリンク
「お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!」の英訳はこうやって使おう!

あなたの小学生の息子がもし、正義感が強いけどドジで慌て者のガキ大将で、何かと問題を起こしてくるので、「お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!」っといおうと思ったが、

 

最近は小学校から英語教育が導入されてるし、ここは英語で言ってやった方が効果がありそうだ!

 

なんて時の為に覚えておこう!

 

Your foolishness makes Poppa so sad , I’m gonna shed tears!

 


スポンサーリンク