それはまた、別の話。

本日のお題 - 「それはまた、別の話。」

・あれっくす的難易度: ★☆☆☆☆
・英会話での実用度: ★★★★★

 

「王様のレストラン」といえば、1995年にフジテレビ系で放映されていた三谷幸喜脚本の人気ドラマ。

 

ギャルソン役の松本幸四郎がイイ味だしてましたね。

 

そんな「王様のレストラン」のナレーションを担当していたのが、森本レオ。 あの柔らかい言い方がたまらないっす!

 

毎回ドラマの最後で言うセリフが本日のお題。

 

さて、本日のお題はかなり短いので、某翻訳サイト君に頼むのも非常に申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、お願いしちゃおう!

 


スポンサーリンク

翻訳サイト君の答え

It is another story, too.

 

び、微妙・・・・ ( ̄Д ̄;)

 

合ってると言えば、合っているし、間違っていると言えば間違ってる。

 

まさに、微妙!

 

あれっくすも英訳にチャレンジ!

「別の話」は、翻訳サイト君が使っていた、「another story」っという言い方もあるし、「different story」っという言い方もある。

 

が、

 

今回は「another story」 を使おう。

 

また、翻訳サイト君の使っていた「too」はいらない。

 

出だしの「It」は「That」の方がいいね。

 

っとすると、「That is another story」っとなる。

 

ただ、こうしてしまうと、「それはまた」の「また」が消えてしまう。

 

それは困る。

 

ならどうする?

 

ここに使えるイイものがある。 それは、「but」

 

直訳してしまうと、「だけどそれは~」みたいな感じになるのだが、「それはまた」っという意味でも使える。

 

そうすると、本日のお題「それはまた、別の話」 を英語にしてみると、

 

But, that’s another story.

 

っとなる。

 


スポンサーリンク
「それはまた、別の話。」の英訳はこうやって使おう!

あながもし、落ちぶれたフレンチ・レストランを立て直す物語のドラマのナレーションをやる事があり、

 

プロデューサーに「海外でも放映しよう!」っと言われ、

 

英語で物語の最後に、ボソッと

 

「それはまた、別の話」

 

っと言わなければならない時の為に覚えておこう!

 

But, that’s another story.

スポンサーリンク